一般的にピルは出産に悪影響を与えない

ピルを服用しようと考えている女性の中で、副作用を心配しているという人も多いのではないでしょうか。
特に今は妊娠をしたくないけれども将来的には妊娠をしたいと考えている場合、ピルの副作用で妊娠に悪影響が出たり胎児に悪影響が出るようなことがあるとなれば安心して服用をすることができないものです。

しかし、一般的にピルは安全性が極めて高いものとなっていて妊娠にも出産にも影響がないとされています。
その理由としてはピルというのは元々女性の体内で作られるホルモンと同じものであるため、極端に体に悪影響を及ぼすものではないためです。
妊娠をしない仕組みに関しても妊娠をしている時と同じような状態にして、排卵を止めるという仕組みになっているため服用をやめればまた元通りになり妊娠をすることができるようになります。

また、服用のタイミングを誤ってしまって妊娠をしてしまった時にそれに気づかずにピルを服用した場合悪影響があるのかということですが、これも特に問題はなく継続的に服用するタイプは低用量ピルと呼ばれるものであり妊娠をした時というのは自然とホルモンの分泌量も増えるものとなっているのでピルが体に与える影響などはほとんど無いので胎児に対して悪影響を及ぼすこともないのです。
ただしこれは病院などで正規に入手をしたものに限った話であり、最近は個人輸入などで病院に行かなくても薬を手に入れることができるようになりましたがそのような方法を用いて入手したものの中には粗悪な偽物が混じっていることもあり、偽物を使用した場合には人体に悪影響が出る可能性があり、妊娠や出産にも悪影響が出ることがあるのでこのような点については理解しておく必要があります。

ページトップへ